3月のワークショップ

コウモリランの板付ハンギング

「ビフルカツム」の苗を水苔を使って板にくっつけていきます。成長すると、コウモリランは板に着生して大きくなっていきます。 壁にかけて飾ることが出来るので、置くスペースも取らず、 お部屋のワンポイントに最適です!

 

 

 

◇ビカクシダ Platycerium bifurcatum ビフルカツムについて。 ビカクシダは漢字で「麋角羊歯」と表記され、葉の形状が鹿の角のように見えることからつけられた名称。 またコウモリが羽ばたいているような葉の形状から別名コウモリランと呼ばれます。何故ランと呼ばれたのかわかりませんが、シダの仲間です。ビカクシダは希少植物と言われますがビフルカツムはオーストラリア原産で最も普及している育てやすい品種です。

日程:3月16日、23日、30日
時間:各日10:00〜、18:00〜(二部制)
所要時間:1時間程度
参加費:3,000円(消費税込み)
定員:各回4名
持ち物:お花に使う道具は全てこちらでご準備いたします。気になる方は、汚れてもかまわないお洋服、もしくはエプロンをご持参くださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です